抵当権の抹消

住宅ローンをご完済された皆様及び金融機関の皆様へ

住宅ローンをご完済された場合、その住宅ローンの返済の担保とされていたご自宅に設定されている抵当権の抹消の登記を、法務局に申請することになります。
ですが、完済したときに金融機関から預かった書類を持って法務局へ行けば済むというわけではありません。

まず、登記の申請書を作成しなければなりません。
その際、登記簿上の所有者と現在の所有者が一致しているかどうか、登記簿上のご住所と現在のご住所が異なるかどうかにより申請する登記の件数が異なるため、その点を事前に確認しなければなりません。
所有者が異なる場合には所有権の名義人の変更の登記(所有権移転登記)を、住所が異なる場合は住所の変更の登記をあわせて行うことになります。
また、登記申請を行う際に納めなければならない登録免許税という税金を算定しなければなりません。

登記申請は申請書だけを提出すればよいわけではありません。
法定されている必要書類に必要事項を記入のうえ、添付しなければなりません。
また、先ほど述べた税金を申請書に貼付し納付しなければなりません。

そして後日、登記が完了したら法務局より完了書類を受領して手続きは終了です。
その際、間違いなく登記がされたかどうか、登記簿謄本を取得し確認を行うのが一般的です。

上記の手続きは、法務局と相談しながらご自身で行うことは十分可能です。
ただし、法務局は平日しか開庁しておらず相談に行く時間が限られていることや、その法務局に何度も足を運ばなければならない可能性があるなど、手続きを行うにあたり負担がかかることになります。

もし、お手続きがお客様にとってご負担であり、専門家にすべて任せてしまいたいというお考えであれば、ぜひ林法務事務所へお任せ下さい。
林法務事務所では、登記申請を、正確かつスピーディーに行うことを心掛けております。
事前に御見積書の提示も行いますので、ご安心下さい。
また、出張相談も受け付けております。ご来所いただくのが難しい方でもご相談下さい。




LINK

RECOMMEND