中間省略登記

不動産会社・金融機関の皆様へ

売買契約が「A→B→C」という順序で行われた場合、通常まず「A→B」への所有権移転登記を行い、続けて「B→C」への所有権移転登記を行います。

つまり、登記手続上は「A→B→C」という順序で名義を移転していくことになりますが、そうすると2回続けて所有権移転登記をせねばならず、登記手続きにかかる費用や税金は倍になります。

ですが、「A→B」及び「B→C」の売買契約に一定の特約を付すことにより、 「A→B→C」という順序で行われた所有権移転登記を、Bに名義をつけることなく「A→C」、 つまりAからCへ直接移転することが可能です。
手続きにかかる費用を節約できるため不動産取引促進等の効果が期待できますが、前述のとおり売買契約には一定の特約を盛り込まなければなりません。
スキーム作りの段階からでも、ぜひお気軽にご相談下さい。




LINK

RECOMMEND