債務整理・任意売却

カードローン・住宅ローンのご返済でお悩みの皆様へ

カードローンや住宅ローンのお支払でお困りではございませんか。
その様な場合、法的な処置をとることにより、お客様のご負担を軽くし、生活再建を図ることができます。

法的な手続きをすすめる場合、司法書士が債権者と、将来発生する利息のカット及び元本の分割返済の和解を交渉します。
和解が成立すれば、利息をカットすることにより支払総額が減り、なおかつ支払総額を確定させることができます。
また、債権者への月の返済額が下がる可能性があります。
いつまで払い続ければよいかわからない、月の支出が多くて苦しいという状態を脱することができます。
この方法を任意整理と言います。
※過去に消費者金融や信販会社のキャッシングを利用していた方は、払い過ぎた利息(過払い金)があるかもしれません。
過払い金は債権者との交渉の段階で加味され、現在のお借り入れ額の減額や、現在のお借り入れ額を上回る過払い金があればお借り入れが無くなって更に戻ってくる可能性があります。
なお、過払い金は、完済している場合でも請求することができます。
※ただし、過払い金の請求には時効がございます。

ですが、月の返済額が下がったとしても、それでも月々支払っていくことが難しい場合もあります。
そのような場合には、自己破産の申し立てを検討していくことになります。
裁判所に自己破産の申し立てが受理され免責がなされれば、お借り入れはなくなります。
※免責されない債務もございます。

ただし、自己破産をすると、所有している資産を手放さなければなりません。
※今後生活していくための最低限度の資産は、手放さないことが可能です。
住宅を所有している方は、当然手放したくないという方も多いでしょう。
しかし、任意整理も難しいという場合には、個人再生の手続きを検討していくことになります。
個人再生は住宅ローンのお支払いを継続しつつ、他のお借り入れの元本を圧縮することができる手続きです。
メリットは大きいですが、その反面、要件が厳しい手続きです。

逆に、住宅を手放しても構わないという方もいらっしゃると思います。
その場合には、任意売却をお勧め致します。任意売却とは、月々の住宅ローンのお支払いが厳しい場合に、 強制競売によらず所有者の意向に基づいて不動産を売却する手続きです。
強制競売にかかってしまうより、はるかにメリットの大きい手続きです。
住宅ローンの支払いが滞られた場合には、一度ご検討下さい。

弊所では、返済でお困りの方が新たな一歩を踏み出すためのお手伝いをさせていただいております。
法的手続きは、メリットばかりではなく、お客様に及ぶ影響もございます。
お客様には、上記には記載されていない点も含め丁寧に説明させていただき、手続きを行うかどうかご検討いただいております。
お手続きにご不安な方も、どうぞご安心してお問い合わせ下さい。




LINK

RECOMMEND